2011年02月13日

そういえば、調査隊が仲良くしているエン・ドールの猫は元気そうだった。
ちょっと体格が良くなった感じがする。


IMG_2839.JPG
(2/5撮影)
posted by レヘシュ・ブログ at 17:27| Comment(11) | 日記

2011年02月11日

泥棒

昨晩、ガザ地区にある某遺跡の報告書をぺらぺらと読んだ。
30年近く前に発掘された遺跡である。
3巻からなる立派な報告書であるが、
掲載されている出土物が少なく、
概して、期待していたよりも見栄えがしない。

これは、出土物の大部分が、大学の管理下に置かれる前に盗まれてしまったからである。
報告者のドタンも、そのことを「あとがき」の中で嘆いている。
将来、パレスチナ和平が実現し、
パレスチナの国立博物館ができるとしたら、
この遺跡の出土物は、展示の一つの目玉となったであろう。
その大部分が散逸してしまい、報告書にすら載らないというのは、
本当に悲しいことだ。
(それでもとても興味深く、重要な報告書であることには違いないが)


実はレヘシュも泥棒の被害にあっている。
遺跡内にあった玄武岩の石臼などが違法に持ち去られていた。
売れるようなものではないので、
モラルのない人が庭にでも飾っているのだろうか。
去年のミーティングでは、冗談としてだが、
「Dear Thieves, There is no valuable thing in this site.」
というメッセージ・ボードを掲げる(団長案)、
地雷を設置する(現場監督案)、といった意見が提案された。
posted by レヘシュ・ブログ at 16:59| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月10日

PD@IAA

冬場の読者離れを防ぐ目的で更新しています。
また、若干マニアックな内容を含むようにしているのは、
以下のブログとの差別化をはかるためです。
http://ameblo.jp/rekheshexcavation/

現在、滞在しているB&Bはなかなかいい。
アットホームな雰囲気だし、安いし、
1号線に近いし、朝食はオーダーしたものを作ってくれる。
エルサレムの中心部では駐車場の確保に困るものが、
ここのすぐ近くには、穴場の路駐スポットがある。
IMG_2949.JPG
ある程度の競争はあるが、毎日スペースを確保できている。

今日も1日、IAAでpottery reading。続きを読む
posted by レヘシュ・ブログ at 05:01| Comment(16) | 日記

2011年02月09日

怒涛のpottery reading

今日からIAAで作業を開始した。
・ゼロール出土のエジプト土器とアフェックなどのEgyptian Residencyから出たエジプト土器との比較検討
・ペリシテ土器の胎土分析
が目的である。
ただ、テル・ゼロールの資料は未整理のまま、
150箱ほどのテン箱に入って保管されている。
どこに何があるのか誰も分からないので、片っぱしから取り出して、
目当ての資料を探さなくてはならない。まさに再発掘である。

箱を取り出しては、ひたすらpoterry reading。

IMG_2947.JPG
リーディング中

集中していれば、時速7箱のスピードだが、
お昼にシュワルマ・ラファを食べ、お腹いっぱいになり
午後はペースがやや落ちた。
イスラエルのシュワルマはチキンの場合も多いので、
ちゃんと羊かどうか注文する前にチェックする必要がある。

今日の感想としては、ゼロールは面白い!
ちゃんと整理して報告しなければいけないと思う。
ペルシアやヘレニズムもとても興味深い。



posted by レヘシュ・ブログ at 04:22| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月07日

TAU

こっちに来てからは、
22:00頃に寝て、4:30過ぎに起きる生活だ。
時差ボケもあり、その流れで早寝早起きになってしまったのだが、
けっこう気に行っている。
起きてシャワーを浴びて、アザーンを合図に仕事を始める。

IMG_2940.JPG
朝食

今日は、昼過ぎにテル・アヴィヴ大学に行った。
エスティさん、リリーさんと一緒にランチをした後、
考古学研究所の図書室で資料をコピーをする。
シャイと落ち合うはずだったが、タイミングが合わなかったので、
お土産を図書室の学生に託してきた。

研究所の本を買っているときに、ダイレクターが革ジャン姿でやってきた。
自己紹介をしてちょっと雑談する。この人はいつもめちゃめちゃ笑顔だ。
フィンケルさんとはまた違ったキャラクターである。
ダイレクターから、シルリイ・ベン・ドヴさんとマリオ・マーティンさんを
紹介してもらった。彼らは、LBのエジプト系の土器を研究しているグループで、
最近出版された、あるいは出版準備中のLBの報告書のほとんどに関わっている。
日本隊が発掘したテル・ゼロールとテル・レヘシュの報告書には、
彼らの情報が重要である。連絡先を交換し、仲間に入れてもらった。
「レヘシュのはどう?(器が)深いのもある?」
「底部しかないので・・・。でも一つは深そうだったかも。」
というマニアックな会話で盛り上がり、遅くなってしまった。

エルサレムに着いたときはもうすっかり暗くなっていて、
2時間近く迷ってしまい、本当に疲れた。
エルサレムで運転する大変さを痛感した。
posted by レヘシュ・ブログ at 00:00| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月06日

作業

雨がよく降る。
爽やかな晴天が1日しかない。
数日前にネタニアのIKEAが全焼しちゃったそうだが、
多分、その日だったのだろう。

エンドールで土器の観察を続ける。
現場がある時はなかなか時間がないが、
こうして、出土物とじっくり向き合うといろいろな発見があるものだ。
といっても、今回もエンドールで作業できるのは、
たったの2日半しかない。夏にまた続きをやりたいものだ。
実測図を見ながら報告書を書くことは避けたい。

IMG_2826.JPG
作業中
0181 - 20110207_141302.bmp
土器の断面


夜はハヴァ家でお茶をする。
ハヴァ家のリビングは、ソファも快適だし、
スピーカー・システムもなかなかいい。景気が良さそうだ。
アーウィンも来て、日本のみんなによろしく、とのこと。
みんな第2期を楽しみにしているようだ。
posted by レヘシュ・ブログ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月04日

unofficial activity 3

雨が昨晩からずっと降り続いており、今日はとても寒い。
今日は土器の胎土を写真に撮って記録する作業を開始した。
これがレヘシュの土器をいくつかのWare Groupに分類するための基礎データとなる。
今回は時間がないので、とりあえずLBから始めることにする。
LBの典型的なWare Groupを把握できれば、
それをアマルナ文書EA237-9の胎土と比較することができ、
遺跡の同定に関する新しい知見が得られるかも知れない。

IMG_2826.JPG
作業中
posted by レヘシュ・ブログ at 03:09| Comment(3) | 日記

2011年02月03日

ハイファ

目覚めたら8:30。早起きしてハイファに持っていく土器を選別するつもりだったが、
そもそも目覚ましもかけないで寝てしまっていたようで、
そのまま寝坊した。。

10:00にハイファ大学でパウラさんと待ち合わせしていたので、
急いで朝食を済ませ、土器数点を取り出して、ハイファに向かう。
IMG_2674.JPG

続きを読む
posted by レヘシュ・ブログ at 03:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月02日

unofficial activity 1

レヘシュの出土物を含む資料調査のためイスラエルにやってきました。
道中、予定の便が欠航になり、イスタンブールの空港で翌日まで待つ破目になり、
成田から30時間もかかってベングリオン空港に到着、さすがに疲れた。
空港で夜を過ごす準備をしていなかったので、寒さと、周りのうるささでほとんど眠れず。
また、今回はある心配ごとを抱えての渡航だったので、精神的にも休まらなかった。
難関と位置づけていた入国審査も無事にすみ、いつものレンタカー会社に行くと、
「8月にプロフェッサーとヘブライ語が上手な背の高いお兄さんと一緒に来たよね?覚えてるわ。」というカウンターのお姉さんに
未払いになっていた夏の高速料金150nisを請求され、仕方がないので払う。
14時頃エンドールに到着し、仮眠をとる。
夕飯はハヴァ家で(*美味しいほうの)宅配ピザをご馳走になった。
イスラエルではやはり、エジプト情勢が大きな関心ごとでaあり、
ピザを食べながらニュースに耳を傾ける。
到着が遅れたせいで、今日1日は何もできなかった。

部屋に戻り、シャワーを浴びてゴールドスターを空けた記憶があるが、
次に気がついたのは翌朝だった。
posted by レヘシュ・ブログ at 02:45| Comment(0) | 日記