2010年02月18日

2/8 テル・アヴィヴへ

2/8 エンゲヴを出発し、一路テル。アヴィヴへ。

10:30頃に大学へ着き、○スティさんの研究室で歓談。
○ティックとも合流。
エン・ゲヴで出た人骨を分析に回す手配と、
レヘシュ調査日誌(すごいボリューム!)を考古局に送付する手配を済ます。
その後、図書室で論文数本をコピーし、カフェテリアで昼食。

午後は近くにあるハ・アレツ・ミュージアムを見学。
テル・アヴィヴ市の100周年記念の特別展がまだやっていた。
展示自体は小規模だが面白い内容で、
DSCN5964.JPG
特にテル・カシーレ・マニアのTにはたまらない資料も。

土器館では、噂に聞いていたヤブネ出土ののカルト・スタンドを見て、
DSCN6025.JPG
迷わずカタログを購入。

コイン館では、デメトリオス1世の肖像が打刻されたコインを確認。顔の輪郭と髪型がエン・ゲヴのものと似ているように感じた。


夜は○ルナ家のお世話になる。
posted by レヘシュ・ブログ at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月08日

4日目

DSCN5956.JPG
エン・ゲヴでの作業も佳境に入る。今日も朝から倉庫に籠り、遺物の確認に努める。埋もれてしまっている出土物のうち、報告書で扱うべきもの、分析に回すべきもの、今後研究される可能性があるもの・・・こうした遺物をレスキューする作業である。

.\

小箱を一つ一つ開け、中の遺物をチェックし続ける。
地道な作業ではあるが、たくさんの遺物を集中的に見ることができる機会は貴重であり、とても勉強になる。鉄器II期にしては「古そうな土器」がけっこう目についたのが意外であった。エン・ゲヴにいつ都市ができたのか、という問題はまだ解決されていないようだ。○應隊の再発掘成果に期待したい。

DSCN5959.JPG

倉庫からレスキューした遺物を室内に運び込む。
今日は風が吹き荒れる寒い1日であったが、夕方の一時だけ風がやみ、ガリラヤ湖の湖面は穏やかに夕陽を映していた。

明日は、朝から大学へ行く。まず、○スティさんの研究室に行き、その後は発掘の仲間たちと再会する予定。




posted by レヘシュ・ブログ at 05:37| Comment(27) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月07日

三日目

今日は朝から気持ちのいい晴天晴れ
小春日和でした
CIMG2793.JPG

本日はシャバット。
天気もいいし、整理作業は午前中のみにして、午後からガリラヤ湖周辺の遺跡巡りに出かけました。

一つ目・ベトサイダー
CIMG2824.JPG

城壁
CIMG2828.JPG



二つ目・テルキンロット
CIMG2856.JPG
posted by レヘシュ・ブログ at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月06日

二日目

二日目。朝、待ち望んでいた日差しが回復。朝食を外で食べることに。
DSCN5836.jpg
それもつかの間、すぐに雲が空を覆い、寒さを我慢しながらの朝食となってしまった。


.\
重たい石を作業部屋に運び込み、実測図との照合を開始。
明るい室内で見直すと、エン・ゲヴの資料が入ったテンバコにも、ハダルやレヴィアの石たちが混入していることに気づく。
今回の作業場はコンサート・ホールの楽屋。そこそこ快適である。
作業ははかどり、すべての金属器を確認し、石製品の整理も片づく。リクエストのあったスタンプ付アンフォラも発見。


ガリラヤ湖の水位はかなり下がっており、水際は遠くまで後退している。
CIMG2777.JPG
2004年に泳いでいた船着き場の景色もだいぶ変わっている。
posted by レヘシュ・ブログ at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2/4 整理作業開始

.\
2/4 午後から整理作業を開始。とにかく寒い。
CIMG2755.JPG
埃っぽいエン・ゲヴの倉庫
出土物を広げてみるとエン・ゲヴ、テル・ハダル、レヴィア、アフィック、LAWIという注記の遺跡の出土物がごちゃごちゃに置かれていることが判明。まずはエン・ゲヴの資料を仕分けすることからスタート。
DSCN5829.JPG
テル・ハダル出土の石製品
倉庫内の環境は悪く、作業も大変であったが、金属製品の大半を確認したり、03に発掘した埋葬人骨をレスキューすることができた。
キブツ内では、かつてB・マザールが報告した「命の木のオーソスタット」を見つける。これについては最近、P氏によって石臼であることが確認され、学会で紹介されている。
.\
オリントス式石臼

posted by レヘシュ・ブログ at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2/4 イスラエルに到着

夏まで休眠中と思われているこのブログ、密かに再開します。
今回は、エン・ゲヴ遺跡とテル・レヘシュ遺跡の出土物を出版に向けて整理するために、T・MM・Rの三人が渡航しました。
CIMG2687.JPG
毎回お世話になる○ルダンの事務所

2/4 早朝4:30、最初の目的地であるエン・ゲヴに到着。昼間で仮眠をとる。
外は冷たい雨が降っており、毛布2枚では足りないくらいに寒い。春の気配を感じる予定が、予想外の寒さである。快方に向かっていたTのカゼが若干悪化。
posted by レヘシュ・ブログ at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記